忍者ブログ
「良く言えば、個性的ね...」が 代名詞。
[28] [27] [26] [25] [20] [21] [19] [18] [17] [16] [14]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なかまうちで話題になったのですが、
おいといてぇ~リバース~ の画面を左右裏返しに完成させることは
できるのでしょうか?できないのでしょうか。

少なくとも4x4の画面では、経験的にできそうもないのですが、
論理的に証明することができません。

なかまの中でも、「できそう」「できなさそう」というところまでで
それらしい理由が語られるのですが、皆を納得させるには
至りませんでした。

「ぐぐってみれば、きっとわかるよ」
確かにその通りかもしれません。
(でも、今回は敢えて私はそうしないでおこうと思います)


そうこうする内、ひとりが「上下逆さまならできますね」と、
見事に完成させて見せてくれましたので、
こちらは間違いなくできることがわかりました。

そこでこれを「裏の正解」として判定したら
ちょっと面白いかも。というアイデアが出ました。
確かに、それを実装するのは至って簡単です。

# 裏正解をした後の画面をどうするか、というのはありますが...。

こんな風に、感想のやりとりをしている内に、
ゲームのアイデアは拡がっていくのですね。

私がゲームを作る場合ですが。

最初から「次はどんなゲームを作ろう?」といった場合、
他の人の意見や思いをアテにすると、たいてい上手くいきません。

その理由は明白で、

・ 忠実に再現できるだけの技術力がない

からです。 (--;

面白いアイデアは、特に自分では絶対に生まれないようなものが
いただけることはたくさんあります。
でも、それは同時に私の度量を前提にしていないことが
ほとんどだったりするのです。

そうした場合、大抵お蔵入りです。
何より相手に「折角ゲームのヒントをあげたのに使ってくれないの?」
と思われてるのではないかとプレッシャーになってしまうので、
これは自分自身にとってはよくありません。

# もちろん、私の周りのアドバイスをくれる人が
# みんなそんな風に思っているのではないことも知っています。
# でもこんな性格なんですよ、私って。

ということで、最初のとっかかりはなるべく自分の
インスピレーションを大事にしています。

幸い、昔っから「突飛な奴」扱いされてますし、
1年に1~2回くらいはそれなりに使えそうなアイデアを
突然に思いつくので、まぁちょうど良い位ですよね。 (^^)ゞ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
HSPプログラムコンテスト2011
■ HSPTVプログラム部門 ■
ID: 5 RadialSliderPetit
茶崎白湯さんの4コマ
ちほ への伝言
最新コメント
(11/15)
(08/29)
(12/05)
たぶん(返信済)
(10/28)
雰囲気(返信済)
(10/05)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
伊豆 千穂 (いず ちほ)
性別:
非公開
自己紹介:
ゲーム... 伊豆 千穂 担当。

ツール... 山科 聡 担当。

でも使い分けしきれていない、
中途半端な人物です。 (--;
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]