忍者ブログ
「良く言えば、個性的ね...」が 代名詞。
[49] [47] [48] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [38]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

家に帰ったら、もう1つ評価をいただいているのに気がつきました。早速コメントさせていただきます。


Luna さんが [プログラム技術,アイデア] を評価しました
ショートとは思えない完成度でビックリしました。

「同じ絵にする」だけという単純明快なルールですが結構楽しめました。
( 2006/08/21 18:45:45 )

Lunaさん、コメントありがとうございました。
ソースはお見せするのが恥ずかしくなるほど「ぐっちゃ」なんですけどね。 (^^;
詰め込めるだけ詰め込んだという感じになっています。
最初の頃のバージョンは、画面が揺れなかったりとか、隠し機能の「センサー機能」がなかったりとか、グラデーションがなかったりとか、今から思うとちょっと寂しく思えます。
それをサイズとの戦いの中で1つずつ実装して行くのはとても楽しいものでした。このあたりはショートプログラム部門ならではの醍醐味ですね。プログラムを作る側にとっては。
私のような優柔不断な人間にとっては、かえって「サイズ」という足枷があったほうが、必要なものは盛り込む、できそうもないものはあきらめる、という判断を強制的にさせられることになるので、きっと向いてるんでしょうね。
あと、3ヵ月という期間も嬉しいです。じっくりと仕上げることができますから。今回も、8月1日の時点では、「とりあえずエントリだ!ID一桁ゲットだぜ」と叫んでいたんですが...(で、油断したウサギさんは気がついたら 0:20 になっていて慌てて申し込んだら #13 でした。 (;_;)
まぁ、それはおいといてぇ~。


「同じ絵にする」だけという単純明快なルール、それだけでも結構遊べるのですよね。これは今回の出発点の1つでもありました。もっと多くの人に遊んでもらうには、どうしたら良いか。それはルールが簡単であること。それでいて、そう簡単には解けないこと。ここまではうまく実現できたかな、と思います。同じようなものをもうひとつ思いついてみろ!といわれると、全然思いつきません。少なくとも今は。
なので今回は、とっても良い思いつきを、とっても上手く生かすことができてラッキーだったと思います。それは間違いありません。
でも、きっとありますよ、まだまだ見つかっていない何かが。そのタネを探して、それを育て上げる喜びを、またそのうち味わいたいなぁと思う次第です。
今は評価を見るのが一番の楽しみですけどね。 (^^)/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
HSPプログラムコンテスト2011
■ HSPTVプログラム部門 ■
ID: 5 RadialSliderPetit
茶崎白湯さんの4コマ
ちほ への伝言
最新コメント
(11/15)
(08/29)
(12/05)
たぶん(返信済)
(10/28)
雰囲気(返信済)
(10/05)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
伊豆 千穂 (いず ちほ)
性別:
非公開
自己紹介:
ゲーム... 伊豆 千穂 担当。

ツール... 山科 聡 担当。

でも使い分けしきれていない、
中途半端な人物です。 (--;
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]