忍者ブログ
「良く言えば、個性的ね...」が 代名詞。
[48] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [38] [39] [35]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日も評価ありがとうございました。

新しい作品がどんどんと出てくる中、まだ評価をいただけることは嬉しい限りです。「つづき」のほうで書かせていただきます。

さて、同じ万華鏡をモチーフとした、タイトルもそのものズバリ、#110「万華鏡」。出てきましたねぇ。やはりこれはコメントしない訳にはいかないでしょう。

正直、きれいだなぁと思いました。
光沢のつけ方、具を揺らすという実際の万華鏡の動きをうまく再現したセンス。タイトルに「万華鏡」をそのままつけるだけのことはあります。
万華鏡の 質感 に関しては、間違いなく私の作品よりも上の評価となるでしょうね。ちょっち悔しいですが、ここは技術力の差でしょう。脱帽です。

万華鏡って、華やかなんですけど、どこか儚い気分になるんですよね。天体観測で夜空を見ている時の気分にも似ているのですが。そんな想いをこの作品からは感じました。そこがとっても良いです。

もっとも、私は「ゲーム」のほうにシフトしましたので、敢えて「儚さ」を求めるのではなく、明るさを、昼間世界の「万華鏡」を目指しています。

そういう意味では、大人の(職人芸の)万華鏡と、おもちゃの万華鏡と、それぞれの目指す方向は違っていると言えるのではないかと思います。

それでは、評価していただいた方へのコメントを。



??? さんが [アイデア] を評価しました

酔った…orz
( 2006/08/20 03:02:06 )

それはそれは..。(--;
では、迎え酒代わりに、一般部門#130「うごいてかん」 はどうですか? (^^;

すこしずつ画面を揺らすことでゲームらしくしているのですが、これはどうなんでしょうね。実は作者としても良いのか悪いのかの判断に迷っているところなのです。
発想としては、揺らすのは「アリ」なんでしょうが、万華鏡の画面をゆっくりと眺めていたいという人にとっては、あの「揺れ」はジャマでしかないようにも思えます。「癒し系」を謳うのでしたら、「揺れ」は余分な機能なのかもしれません。
このあたりは、皆さんの感想を元にこの作品を育てていきたいと思います。

# 最初に揺れあり、なしを選べるとかするといいのかしら?


eller さんが [アイデア] を評価しました

ゆっくりとマウスを動かしながら探す過程がほんのりと楽しく、時間を忘れて集中してしまいました。他にはないルールだけど単純で分かりやすいのが良いのかなと思いました。

万華鏡の表示が綺麗な六角形ではないのが少し気になります。
( 2006/08/20 07:50:25 )

ellerさん、評価ありがとうございます。
はい、シンプルなルールでまとめてみました。そう言っていただけると報われた気分です。
六角形の表示、御指摘ありがとうございます。
そうですか、目に付いちゃいましたか。いけませんね。
直せるかどうかわかりませんが、まだ時間はあると思いますので次バージョンの検討項目に入れておきますです、はい。

# このような御指摘、とっても嬉しいです。 m(_ _)m


評価ありがとうございました。
何よりの供養...じゃなくて、励みになります。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
万華鏡観とか
こんにちは、Yuki です。

万華鏡の作品の違いですが、私は二つ理由があると思っていて、


まず、私はいつもゲームではなくシミュレーションを作っています。
フリスビー、Line-Ball、Net-Ball、空中ブランコなど、何点かゲームっぽいものを出してはいますが、それはシミュレーションの一要素としてユーザがいじれる範囲が広くて、楽しめるだけで、本質的にゲームではないと思っています。
万華鏡のように、いじれるけどその操作自体は面白くもなんともないということもありますが、そのつまらなさが作品にマイナスにならないのは、ゲームではなくシミュレーションだからです。

名前がそのものズバリなのも、そのものズバリを作っているだけで他に名前の付けようがないからです。


もうひとつは万華鏡観の違いだと思います。
私にとって万華鏡は
・3枚の鏡による合わせ鏡、鏡の中の空間は無限に広がる。
・中にきれいなビーズや紙が入ってる。
・回すとビーズが動いて模様が代わる。
ものです。
無限に広がる鏡の世界から六角形だけを取り出したり、中にビーズが入ってなかったり、回さないものは、私にとっては万華鏡ではありませんでした。

これが意外と私だけにしか通用しない万華鏡観らしく、ネットで調べると、かれいどすぽっとのように絵を反転させる万華鏡プログラムは結構ありますが、ビーズが入って回転するものはほとんどありませんでしたね。


見た目は最初はかなりひどかったです。
バックは灰色で色の違う■が入っているだけです。
その時点でプログラム的には今のものと大差ないので、完成したことに気を良くして友人に見せたらぼろくそに言われました。
今の万華鏡はネットで検索にヒットした写真を参考に、背景を黒、それ以外が光ってるように見せるように改良したものです。
この辺は上には上がいますね。
山田 雄己 URL 2006/09/03(Sun)15:14:59 編集
Re:万華鏡観とか
Yuki さん、コメントありがとうございました。

Yukiさんの万華鏡観、とっても興味深いものでした。
で、ちょっと調べたところ、今日(明日?)の本文で書きたくなるような内容になりましたので、そちらで返答させていただきたいと思います。

ちなみに、Yuki さんの作品の評として「職人芸の...」と修飾したのは、シミュレーション作成にポリシーを置いている、と感じたからに他なりません。
私にとっては、シミュレーションに取り組まれる達人さんは、「職人さん」であり、尊敬の対象です。

それでは。
【2006/09/03 23:53】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
HSPプログラムコンテスト2011
■ HSPTVプログラム部門 ■
ID: 5 RadialSliderPetit
茶崎白湯さんの4コマ
ちほ への伝言
最新コメント
(11/15)
(08/29)
(12/05)
たぶん(返信済)
(10/28)
雰囲気(返信済)
(10/05)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
伊豆 千穂 (いず ちほ)
性別:
非公開
自己紹介:
ゲーム... 伊豆 千穂 担当。

ツール... 山科 聡 担当。

でも使い分けしきれていない、
中途半端な人物です。 (--;
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]